Koshu's Music

中村湖舟の部屋。音楽をより楽しむための情報を発信中


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エド・シーランのピックを使わない奏法について解説

今やイギリスを代表するシンガーソングライターの一人であるエド・シーラン。2017年から2019年まで続いた「ディバイド・ツアー」では890万人を動員し、800億円を超える興行収入をあげました。(歴代一 …

【誰でも名曲が書ける?】カノン進行が使われている有名な洋楽10選

こんにちは、湖舟です。 音楽好きの方なら、「カノン進行」という言葉を一度は聞いたことがあるかもしれません。作曲やコード進行について調べていれば、必ずと言っていいほど目にする言葉です。 カノン進行とは、 …

シンプルなコードから1歩先へ。エモい響きのギターコード集【曲中での使用例付き】

こんにちは、湖舟です。 ギターを始めて少したち、簡単なメジャーコードやマイナーコードは覚えたけれど、そこから色々と調べていくとダイアトニックがどうとか、ルートがどうとか、何度の音がどうとか小難しい言葉 …

音楽理論を学ぶ必要なんてあるのか?←あります

こんにちは、湖舟です。 音楽理論は必要なのか?永久の課題ですね。特にロックバンドをきっかけに音楽にハマった人にとっては、音楽理論なんて1ミリも触れる気にならないかもしれません。ノエル・ギャラガーなら「 …

【ギター1本で始める音楽理論】第3回 セブンスコードで世界を広げる

こんにちは、湖舟です。 「ギター1本で始める音楽理論」第3回は、コードの響きを豊かにする音、7度(7th)の扱いについて解説していきます。 第2回の記事では、コードを構成する基本的な要素が1度・3度・ …